奥野総合法律事務所・外国法共同事業 弁護士紹介

Michael Mroczek

Michael Mroczek

経歴

2002年 バーゼル大学(法学学士取得)
2005年 バーゼル大学(法学修士取得)
2008年 スイス連邦弁護士会登録
2013年 ポーランドにて欧州連合弁護士登録
2013年 当事務所入所
2013年 テンプル大学ジャパンキャンパス・ロースクール(アメリカ法法学修士取得)
2014年 日本にて外国法事務弁護士登録(スイス連邦法)

役職・職歴等

2006年 リースタル裁判所(スイス連邦リースタル)
2007年 法律事務所(スイス連邦バーゼル・ラント準州ムッテンツ)
2009年~2015年 シュタック レヒツアンヴェルテ法律事務所(スイス連邦サンクト・ガレン及びチューリッヒ)
2015年~ 在日スイス商工会議所会頭
2015年~ 立教大学兼任講師(国際仲裁入門)
2015年~ 欧州ビジネス協会理事
2016年~ 東京大学非常勤講師

主な業務分野

国際仲裁
国際商取引
コーポレート・ファイナンス
M&A

所属

スイス連邦弁護士会会員
スイス連邦サンクト・ガレン州弁護士会会員
スイス連邦サンクト・ガレン州公証人協会会員
EU弁護士登録(ポーランド・ワルシャワ弁護士会地区評議会)
東京弁護士会会員
日本弁護士連合会会員
在日スイス商工会議所会員
在日ポーランド商工会議所会員
公益社団法人 日本仲裁人協会
IBA(International Bar Association)会員

言語

ドイツ語、英語、ポーランド語、フランス語、イタリア語

プレゼンテーション及びスピーチ

How to Insure Permissibility of Advocates & Arbitrators chosen for Arbitration in Japan
(イギリス仲裁人協会、東京、2018年2月)
スイス法における代理店・販売店契約の解約(国際取引法フォーラム、東京、2017年12月)
国際仲裁(YJAA・AFIA、東京、2017年9月)
日本での法とビジネス(早稲田大学、東京、2017年8月)
日本での開業にあたっての法律および実務上の留意点(東京都、東京、2016年4月)
国際ビジネス紛争解決(東京大学、東京、2015年7月)
スイス連邦憲法(慶應義塾大学 法科大学院、東京、2015年5月)
外資系企業の登記手続き(東京都、東京、2015年2月)
国際仲裁に焦点をあてた紛争処理(ADR)(東京弁護士会、東京、2014年11月)
企業が知るべき国際仲裁についての5つの実務的問題(在日スイス商工会議所、大阪、2014年10月)
企業が知るべき国際仲裁についての5つの実務的問題(在日スイス商工会議所、東京、2014年6月)
スイス連邦における国際商事仲裁(名古屋大学、名古屋、2013年12月)
国際商取引における仲裁(国際ファッションセンター、東京、2013年11月)
スイス連邦憲法(慶應義塾大学 法科大学院、東京、2013年5月)
外国人によるスイス連邦における不動産購入(ポーリッシュビジネスクラブ、ワルシャワ、2011年2月)

著作物等

『国際仲裁判断の異例の公開』(Business Law Journal, 2018年10月号)
『Thoughts on necessary change in Japan』(Global Arbitration Review (GAR), May 2018)
『ICC award gives rare glimpse into $7bn San Onofre dispute』 (Arbitration News 「 Publication of the International Bar Association Legal Practice Division, Vol.23, No.1, February 2018」)
『How Deep is the Pool of Arbitration Specialists in Japan?』(LexisNexis、「ジャパン・ローヤーズ・ガイド 2014年、2015年」)
『香港における仲裁 - 日本企業にとって香港はアジアでの仲裁地として最善か』(月刊「ザ・ローヤーズ」2014年9月号)