奥野総合法律事務所・外国法共同事業

新着トピックス

案内2019/1/7

仲野裕美弁護士、坂野維子弁護士が、パートナー弁護士に加わりました。

案内2019/1/7

岡田恭平弁護士(71期)、大野真央弁護士(71期)が入所いたしました。

外部セミナー2018/12/15・16

第38回日本看護科学学会学術集会において、奧野善彦弁護士が、特別講演「看護業務の評価、法律家の立場から」の演者として登壇しました。また、小池良輔弁護士が、シンポジウム「今、新たに考える患者安全」の演者として登壇しました。

外部セミナー2018/12/13

遠藤由紀子弁護士が、顧問先企業(東京都)の加盟店を対象としたコンプライアンス研修にて 「外国人にまつわる不動産トラブルとその対策」と題する講演を行うとともに、研修のアドバイザーを務めました。

書籍2018/12/10

粟澤方智弁護士が執筆した「ファンドへの投資委員派遣に関するいくつかの論点」が、「金融法務事情 2103号」(㈱きんざい)に掲載されました。

書籍2018/12/6

東京弁護士会会報誌「LIBRA」2018年12月号の特集テーマ「会社法改正案の検討状況」において、櫻庭広樹弁護士が執筆した「株主総会資料の電子提供制度」と題する論稿が掲載されました。

外部セミナー2018/12/4

坂野維子弁護士が、証券会社及び銀行の役員のための研修会において、「金融業界における企業不祥事対応と予防策」と題する講演を行いました。

法律セミナー2018/11/30

【奧野総合法律事務所・外国法共同事業 第21回セミナー】

「スイス法務」(弊事務所 今村憲弁護士)

「第三者委員会調査報告書の研究」(幣事務所 藤田浩司弁護士)

「企業不祥事とメディアの報道」(読売新聞東京本社 編集局経済部次長 小野田徹史様)

外部セミナー2018/9/5

坂野維子弁護士が、顧問会社において「金融業界における労務コンプライアンス」と題する講演を行いました。

外部セミナー2018/9/3

ミハエル ムロチェク弁護士が、弁護士及び外国法弁護士がグローバル裁判外紛争解決の拠点としての日本をどのように発展させるかについてのカンファレンスに、パネリストとして登壇しました(EuroBiz 8月版)。

書籍2018/8/27

ミハエル ムロチェク弁護士が共著者として執筆した「国際仲裁判断の異例の公開」がBusiness Law Journalに掲載されました。

書籍2018/8/6

吉岡剛弁護士が、東京弁護士会労働法制特別委員会委員として執筆した日本郵便(大阪)事件(大阪地裁平成30年2月21日判決)の紹介記事が、同会月刊会報誌「LIBRA」2018年8月号に掲載されました。

書籍2018/8/6

坂野維子弁護士が、東京弁護士会男女共同参画推進本部事務局次長として執筆した第8回IBA World Women Lawyers' Conferenceに関する報告記事が、同弁護士会月刊会報誌「LIBRA」2018年8月号に掲載されました。

案内2018/7/9

今村憲弁護士(57期)が入所いたしました。

過去のトピックスを確認する≫